明神山の麓、老杉に囲まれた神々しい宮居

神元神社

播磨富士ともいわれる雪彦山と並ぶ夢前の名峰、「明神山」のふもと、多くの老杉に囲まれた神元神社。鳥居をくぐり参道を進むと古い神門、瓦葺の拝殿、さや堂と続く。神殿内には釈迦如来・地蔵菩薩・阿弥陀如来の木造仏が祀ってあり、元々明神山頂にあったと伝えれている小社や、社僧善随寺日譲その他が奉献した灯籠など当社の沿革を物語るものが多く残ります。創建は明確でなく、社寺明細帳によると、(450~500年)、また、一説には天平5年(733)吉備真備の創建ともいわれています。

神元神社
住所 姫路市夢前町神種221
電話 -
ウェブサイト -
駐車場 駐車場あり
備考 -